大判例

20世紀の現憲法下の判例を掲載しています

1951年 12月の裁判例

仙台高等裁判所 昭和26年(う)816号 判決仙台高等裁判所 昭和26年(う)874号 判決仙台高等裁判所 昭和26年(う)879号 判決仙台高等裁判所 昭和26年(う)912号 判決仙台高等裁判所 昭和26年(う)943号 判決名古屋高等裁判所 昭和26年(う)1294号 判決名古屋高等裁判所 昭和26年(う)367号 判決名古屋高等裁判所金沢支部 昭和26年(う)333号 判決名古屋高等裁判所金沢支部 昭和26年(う)476号 判決大阪地方裁判所 昭和26年(わ)2185号 判決大阪高等裁判所 昭和25年(う)2465号 判決大阪高等裁判所 昭和25年(う)3215号 判決大阪高等裁判所 昭和25年(う)3598号 判決大阪高等裁判所 昭和26年(う)1094号 判決大阪高等裁判所 昭和26年(う)1163号 判決大阪高等裁判所 昭和26年(う)1306号 判決大阪高等裁判所 昭和26年(う)77号 判決広島高等裁判所 昭和25年(う)606号 判決広島高等裁判所 昭和26年(う)421号 判決広島高等裁判所 昭和26年(う)760号 判決広島高等裁判所岡山支部 昭和26年(ネ)2号 判決最高裁判所大法廷 昭和24年(新れ)279号 判決最高裁判所大法廷 昭和25年(あ)2106号 判決最高裁判所大法廷 昭和25年(す)257号 決定最高裁判所大法廷 昭和26年(れ)1185号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和23年(れ)1037号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和25年(あ)3186号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和25年(あ)3246号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和25年(あ)3254号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和26年(あ)1367号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和26年(き)4号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和26年(し)99号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和26年(れ)1780号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和26年(れ)1835号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和26年(れ)1911号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和26年(れ)2240号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和24年(オ)293号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和25年(あ)1189号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和25年(あ)1384号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和26年(あ)2144号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和26年(れ)1639号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和26年(れ)1984号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和26年(れ)2001号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和26年(れ)2017号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和26年(れ)536号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和24年(オ)322号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和25年(オ)76号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)3186号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(さ)5号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(れ)1430号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(れ)1465号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(れ)2197号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(れ)617号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(れ)978号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(オ)272号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(オ)346号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(オ)460号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(オ)590号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(ヤ)3号 決定札幌高等裁判所 昭和26年(う)532号 判決札幌高等裁判所 昭和26年(ネ)108号 判決札幌高等裁判所 昭和26年(ネ)63号 判決札幌高等裁判所 昭和26年(ラ)14号 決定東京高等裁判所 昭和24年(行ナ)19号 判決東京高等裁判所 昭和25年(う)4384号 判決東京高等裁判所 昭和25年(ネ)1351号 判決東京高等裁判所 昭和26年(う)1960号 判決東京高等裁判所 昭和26年(う)2966号 判決東京高等裁判所 昭和26年(う)3948号 判決東京高等裁判所 昭和26年(う)4290号 判決東京高等裁判所 昭和26年(う)4685号 判決東京高等裁判所 昭和26年(ネ)1160号 判決東京高等裁判所 昭和26年(ネ)1241号 判決東京高等裁判所 昭和26年(ネ)1257号 判決東京高等裁判所 昭和26年(ネ)1302号 判決東京高等裁判所 昭和26年(ネ)272号 判決熊本地方裁判所八代支部 昭和25年(わ)237号 判決福岡高等裁判所 昭和25年(う)736号 判決福岡高等裁判所 昭和26年(う)3013号 判決

「大判例」は20世紀で日本国憲法下の裁判例のうち,公刊物に掲載されたものをまとめたインターネット判例集です。原則として公刊されたものをそのまま載せています。

憲法により判決は公開とされており,法曹および法律研究者に利用されているものです。その公共性と平等主義の観点から,送信防止措置または改変には一切応じませんのでご了承ください。

本サイトは報道(不特定かつ多数の者に対して客観的事実を事実として知らせること)を事業としており,掲載された全ての情報は報道等に活用することを目的としています。

©daihanrei.com