大判例

20世紀の現憲法下の判例を掲載しています

1952年 3月の裁判例

京都地方裁判所 昭和26年(行モ)1号 決定仙台高等裁判所 昭和25年(ラ)11号 決定仙台高等裁判所 昭和26年(う)512号 判決仙台高等裁判所 昭和26年(ナ)18号 判決仙台高等裁判所 昭和26年(ナ)27号 判決仙台高等裁判所 昭和27年(く)5号 決定名古屋高等裁判所 昭和25年(う)2140号 判決名古屋高等裁判所 昭和26年(う)1591号 判決名古屋高等裁判所 昭和26年(う)1975号 判決名古屋高等裁判所 昭和27年(う)28号 判決名古屋高等裁判所 昭和27年(う)60号 判決名古屋高等裁判所金沢支部 昭和26年(う)545号 判決大阪高等裁判所 昭和26年(う)1041号 判決大阪高等裁判所 昭和26年(う)1869号 判決大阪高等裁判所 昭和26年(う)3318号 判決大阪高等裁判所 昭和26年(う)448号 判決山口地方裁判所 昭和26年(行)17号 判決山口地方裁判所 昭和26年(行)7号 判決広島地方裁判所 昭和27年(ヨ)49号 判決広島高等裁判所岡山支部 昭和26年(う)231号 判決広島高等裁判所岡山支部 昭和26年(う)89号 判決広島高等裁判所松江支部 昭和26年(う)244号 判決徳島地方裁判所 昭和26年(行)25号 判決最高裁判所大法廷 昭和25年(あ)1089号 判決最高裁判所大法廷 昭和25年(れ)841号 判決最高裁判所大法廷 昭和26年(ク)127号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和25年(あ)3312号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和26年(あ)2089号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和26年(あ)2650号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和26年(あ)4677号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和26年(れ)2299号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和26年(れ)2353号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和26年(オ)862号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和25年(あ)1655号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和25年(あ)1696号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和25年(あ)1923号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和25年(あ)2060号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和25年(あ)2456号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和25年(あ)3090号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和25年(オ)108号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和25年(オ)56号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和26年(あ)1515号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和26年(れ)1335号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和26年(れ)2407号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和26年(オ)15号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和26年(オ)686号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和24年(れ)2780号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和25年(あ)2108号 決定最高裁判所第二小法廷 昭和25年(れ)1325号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和25年(れ)910号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)2340号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)4078号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(れ)1931号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(れ)2152号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(れ)521号 判決札幌高等裁判所 昭和26年(う)1000号 判決札幌高等裁判所 昭和26年(う)935号 判決札幌高等裁判所 昭和26年(う)965号 判決札幌高等裁判所 昭和26年(ネ)249号 判決東京地方裁判所 昭和26年(行)71号 判決東京高等裁判所 昭和25年(う)2009号 判決東京高等裁判所 昭和25年(ラ)51号 決定東京高等裁判所 昭和26年(う)1101号 判決東京高等裁判所 昭和26年(う)495号 判決東京高等裁判所 昭和26年(う)5306号 判決東京高等裁判所 昭和26年(う)5315号 判決東京高等裁判所 昭和26年(ネ)1665号 判決東京高等裁判所 昭和26年(ネ)2175号 判決東京高等裁判所 昭和26年(ネ)2562号 判決横浜地方裁判所小田原支部 昭和27年(ヨ)2号 決定盛岡地方裁判所 昭和24年(行)38号 判決福岡高等裁判所 昭和26年(う)3826号 判決青森地方裁判所 昭和25年(行)39号 判決青森地方裁判所 昭和27年(行)18号 判決高松高等裁判所 昭和25年(う)914号 判決

「大判例」は20世紀で日本国憲法下の裁判例のうち,公刊物に掲載されたものをまとめたインターネット判例集です。原則として公刊されたものをそのまま載せています。

憲法により判決は公開とされており,法曹および法律研究者に利用されているものです。その公共性と平等主義の観点から,送信防止措置または改変には一切応じませんのでご了承ください。

本サイトは報道(不特定かつ多数の者に対して客観的事実を事実として知らせること)を事業としており,掲載された全ての情報は報道等に活用することを目的としています。

©daihanrei.com