大判例

20世紀の現憲法下の判例を掲載しています

1953年 3月の裁判例

仙台高等裁判所 昭和27年(う)902号 判決名古屋高等裁判所 昭和27年(ネ)130号 判決名古屋高等裁判所金沢支部 昭和27年(ラ)29号 決定和歌山地方裁判所 昭和27年(行)2号 判決大津地方裁判所 昭和27年(ヨ)43号 判決大阪地方裁判所 昭和25年(ヨ)1962号 決定大阪地方裁判所 昭和27年(ホ)105号 決定大阪高等裁判所 昭和27年(う)2515号 判決大阪高等裁判所 昭和27年(ネ)669号 判決大阪高等裁判所 昭和27年(ネ)732号 判決宇都宮地方裁判所 昭和28年(ヨ)13号 決定宇都宮地方裁判所 昭和28年(ヨ)14号 決定岡山地方裁判所 昭和28年(行モ)1号 決定広島高等裁判所 昭和25年(ネ)150号 判決最高裁判所大法廷 昭和26年(あ)4629号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和26年(あ)1303号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和26年(あ)1767号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和26年(あ)2845号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和26年(あ)3918号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和26年(あ)4005号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和26年(あ)4197号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和26年(あ)4331号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和26年(あ)5184号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和27年(あ)3931号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和27年(あ)4728号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和27年(あ)5470号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和27年(あ)5972号 決定最高裁判所第三小法廷 昭和25年(オ)228号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和26年(あ)2447号 決定最高裁判所第三小法廷 昭和26年(あ)3671号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和26年(オ)432号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和27年(あ)4526号 決定最高裁判所第三小法廷 昭和27年(あ)785号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和27年(れ)78号〔1〕 判決最高裁判所第三小法廷 昭和28年(す)68号 決定最高裁判所第二小法廷 昭和25年(あ)2713号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)1895号 決定最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)2083号 決定最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)2185号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)2287号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)2311号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)2390号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)2558号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(れ)1590号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(れ)2125号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(オ)354号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(オ)81号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和27年(あ)5440号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和28年(さ)2号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和28年(ク)53号 決定札幌高等裁判所 昭和27年(う)596号 判決札幌高等裁判所 昭和28年(ラ)1号 決定札幌高等裁判所函館支部 昭和27年(う)129号 判決東京地方裁判所 昭和27年(ヨ)4055号 決定東京高等裁判所 昭和26年(ネ)2556号 判決東京高等裁判所 昭和26年(ネ)342号 判決東京高等裁判所 昭和26年(行ナ)10号 判決東京高等裁判所 昭和27年(う)1711号 判決東京高等裁判所 昭和27年(う)3236号 判決東京高等裁判所 昭和27年(う)3264号 判決東京高等裁判所 昭和27年(う)3308号 判決東京高等裁判所 昭和27年(う)3683号 判決東京高等裁判所 昭和27年(う)3798号 判決東京高等裁判所 昭和27年(う)3952号 判決東京高等裁判所 昭和27年(う)4211号 判決東京高等裁判所 昭和27年(う)4406号 判決東京高等裁判所 昭和28年(う)62号 判決東京高等裁判所 昭和28年(ツ)3号 判決東京高等裁判所 昭和28年(ラ)12号 決定福岡高等裁判所 昭和27年(う)2704号 判決福岡高等裁判所 昭和28年(う)94号 判決福岡高等裁判所 昭和28年(ラ)13号 決定高松高等裁判所 昭和26年(ネ)444号 判決高松高等裁判所 昭和27年(う)235号 判決高松高等裁判所 昭和27年(う)856号 判決高松高等裁判所 昭和27年(ネ)28号 判決

「大判例」は20世紀で日本国憲法下の裁判例のうち,公刊物に掲載されたものをまとめたインターネット判例集です。原則として公刊されたものをそのまま載せています。

憲法により判決は公開とされており,法曹および法律研究者に利用されているものです。その公共性と平等主義の観点から,送信防止措置または改変には一切応じませんのでご了承ください。

©daihanrei.com