大判例

20世紀の現憲法下の判例を掲載しています

1953年 6月の裁判例

名古屋高等裁判所 昭和24年(ネ)60号 判決名古屋高等裁判所 昭和27年(う)1150号 判決名古屋高等裁判所 昭和28年(う)136号 判決名古屋高等裁判所 昭和28年(う)29号 判決名古屋高等裁判所 昭和28年(う)299号 判決名古屋高等裁判所 昭和28年(う)339号 判決名古屋高等裁判所 昭和28年(ラ)4号 決定名古屋高等裁判所金沢支部 昭和28年(う)124号 判決大阪地方裁判所 昭和27年(ワ)982号 判決大阪高等裁判所 昭和26年(う)2667号 判決大阪高等裁判所 昭和27年(ネ)1057号 判決大阪高等裁判所 昭和28年(う)477号 判決大阪高等裁判所 昭和28年(う)756号 判決大阪高等裁判所 昭和28年(ラ)53号 決定広島高等裁判所 昭和27年(ネ)31号 判決広島高等裁判所 昭和28年(ネ)26号 判決広島高等裁判所岡山支部 昭和26年(う)922号 判決広島高等裁判所松江支部 昭和28年(ラ)4号 決定最高裁判所大法廷 昭和24年(れ)1622号 判決最高裁判所大法廷 昭和24年(れ)1798号 判決最高裁判所大法廷 昭和25年(あ)1596号 判決最高裁判所大法廷 昭和25年(あ)3269号 判決最高裁判所大法廷 昭和26年(し)47号 決定最高裁判所大法廷 昭和26年(れ)2123号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和24年(オ)135号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和26年(オ)921号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和27年(あ)1503号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和27年(あ)2508号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和27年(あ)5837号 決定最高裁判所第一小法廷 昭和27年(あ)6863号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和27年(オ)877号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和24年(オ)191号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和27年(あ)1485号 決定最高裁判所第三小法廷 昭和28年(れ)12号 決定最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)3179号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)3628号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)3865号 決定最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)4476号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(あ)5032号 決定最高裁判所第二小法廷 昭和26年(オ)228号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(オ)547号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(オ)759号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和26年(オ)808号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和27年(あ)3396号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和27年(あ)37号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和28年(ク)96号 決定札幌高等裁判所 昭和28年(う)184号 判決札幌高等裁判所 昭和28年(う)69号 判決札幌高等裁判所函館支部 昭和28年(う)45号 判決東京家庭裁判所 昭和28年(家イ)622号 審判東京高等裁判所 昭和24年(ネ)598号 判決東京高等裁判所 昭和26年(ナ)36号 判決東京高等裁判所 昭和27年(う)2566号 判決東京高等裁判所 昭和27年(う)3299号 判決東京高等裁判所 昭和27年(う)4625号 判決東京高等裁判所 昭和27年(ネ)1478号 判決東京高等裁判所 昭和28年(う)1086号 判決東京高等裁判所 昭和28年(う)1247号 判決東京高等裁判所 昭和28年(う)1301号 判決東京高等裁判所 昭和28年(う)266号 判決東京高等裁判所 昭和28年(う)627号 判決東京高等裁判所 昭和28年(う)750号 判決東京高等裁判所 昭和28年(う)770号 判決東京高等裁判所 昭和28年(う)812号 判決東京高等裁判所 昭和28年(う)917号 判決東京高等裁判所 昭和28年(ネ)751号 判決東京高等裁判所 昭和28年(ラ)152号 決定福岡地方裁判所小倉支部 昭和27年(ワ)541号 判決福岡高等裁判所 昭和28年(う)1143号 判決福岡高等裁判所 昭和28年(う)436号 判決福岡高等裁判所 昭和28年(う)958号 判決高松高等裁判所 昭和26年(う)663号 判決

「大判例」は20世紀で日本国憲法下の裁判例のうち,公刊物に掲載されたものをまとめたインターネット判例集です。原則として公刊されたものをそのまま載せています。

憲法により判決は公開とされており,法曹および法律研究者に利用されているものです。その公共性と平等主義の観点から,送信防止措置または改変には一切応じませんのでご了承ください。

©daihanrei.com