大判例

20世紀の現憲法下の判例を掲載しています

1967年 6月の裁判例

京都地方裁判所 昭和42年(手ワ)174号 判決仙台地方裁判所 昭和42年(行ク)3号 決定仙台高等裁判所 昭和41年(ネ)181号 判決函館地方裁判所 昭和41年(ワ)316号 判決前橋地方裁判所 昭和41年(わ)75号 判決千葉地方裁判所松戸支部 昭和38年(わ)43号 判決名古屋地方裁判所 昭和41年(ワ)2626号 判決名古屋地方裁判所岡崎支部 昭和42年(ワ)20号 判決名古屋家庭裁判所 昭和41年(少)7187号 決定名古屋高等裁判所 昭和40年(ネ)475号 判決名古屋高等裁判所 昭和41年(う)255号 判決名古屋高等裁判所 昭和42年(行コ)5号 判決名古屋高等裁判所金沢支部 昭和41年(ネ)137号 判決大分地方裁判所 昭和40年(ワ)475号 判決大分家庭裁判所 昭和41年(少)1544号 決定大森簡易裁判所 昭和42年(ハ)72号 判決大阪地方裁判所 昭和30年(ワ)4237号の1 判決大阪地方裁判所 昭和36年(行)18号 判決大阪地方裁判所 昭和37年(行)26号 判決大阪地方裁判所 昭和38年(行)42号 判決大阪地方裁判所 昭和39年(ワ)4888号 判決大阪地方裁判所 昭和39年(ワ)6395号 判決大阪地方裁判所 昭和41年(ワ)2879号 判決大阪地方裁判所 昭和42年(わ)1058号 判決大阪高等裁判所 昭和34年(ネ)572号 判決大阪高等裁判所 昭和37年(ネ)1241号 判決大阪高等裁判所 昭和37年(ネ)438号 判決大阪高等裁判所 昭和37年(ネ)952号 判決大阪高等裁判所 昭和38年(ネ)1022号 判決大阪高等裁判所 昭和38年(ネ)517号 判決大阪高等裁判所 昭和39年(ネ)242号 判決大阪高等裁判所 昭和40年(行コ)35号 判決大阪高等裁判所 昭和41年(ネ)1494号 判決大阪高等裁判所 昭和41年(ネ)1636号 判決大阪高等裁判所 昭和41年(ネ)299号 判決大阪高等裁判所 昭和41年(ネ)832号 判決大阪高等裁判所 昭和41年(ラ)198号 決定大阪高等裁判所 昭和42年(ネ)96号 判決奈良地方裁判所 昭和32年(わ)120号 判決宮崎地方裁判所都城支部 昭和42年(わ)22号 判決宮崎地方裁判所都城支部 昭和42年(わ)24号 判決山口地方裁判所柳井支部 昭和38年(ワ)38号 判決岐阜地方裁判所 昭和40年(ワ)84号 判決岡山地方裁判所 昭和36年(わ)23号 判決岡山家庭裁判所新見支部 昭和42年(家)66号 審判広島地方裁判所 昭和41年(わ)459号 判決広島地方裁判所 昭和41年(行ウ)23号 判決新潟家庭裁判所 昭和42年(家)1400号 審判最高裁判所第一小法廷 昭和38年(オ)447号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和39年(オ)751号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和39年(オ)838号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和39年(オ)881号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和40年(オ)1060号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和40年(オ)1334号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和41年(オ)1231号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和41年(オ)1270号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和41年(オ)1277号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和41年(オ)687号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和41年(オ)721号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和41年(オ)88号 判決最高裁判所第一小法廷 昭和42年(行ツ)18号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和39年(オ)1374号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和39年(オ)720号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和39年(オ)815号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和40年(オ)1056号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和40年(オ)1308号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和40年(オ)814号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和41年(オ)1097号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和41年(行ツ)58号 判決最高裁判所第三小法廷 昭和42年(さ)4号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和40年(オ)1016号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和40年(オ)477号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和40年(オ)886号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和41年(あ)2123号 決定最高裁判所第二小法廷 昭和41年(オ)1045号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和41年(オ)1426号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和41年(オ)1456号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和41年(オ)30号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和41年(行ツ)60号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和42年(オ)127号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和42年(オ)130号 判決最高裁判所第二小法廷 昭和42年(オ)281号 判決札幌家庭裁判所 昭和42年(少)1494号 札幌高等裁判所 昭和41年(行コ)1号 判決東京地方裁判所 昭和37年(行)122号 判決東京地方裁判所 昭和38年(ワ)6939号 判決東京地方裁判所 昭和39年(ヨ)2206号 判決東京地方裁判所 昭和39年(ワ)12463号 判決東京地方裁判所 昭和39年(ワ)12747号 判決東京地方裁判所 昭和39年(ワ)1773号 判決東京地方裁判所 昭和39年(行ウ)27号 判決東京地方裁判所 昭和40年(ヨ)2253号 判決東京地方裁判所 昭和40年(ワ)2310号 判決東京地方裁判所 昭和40年(ワ)6404号 判決東京地方裁判所 昭和40年(刑わ)1960号 判決東京地方裁判所 昭和40年(合わ)830号 判決東京地方裁判所 昭和41年(ワ)11770号 判決東京地方裁判所 昭和41年(ワ)4611号 判決東京地方裁判所 昭和41年(ワ)5978号 判決東京地方裁判所 昭和41年(ワ)8060号 判決東京地方裁判所 昭和41年(ワ)9605号 判決東京地方裁判所 昭和41年(刑わ)3238号 判決東京地方裁判所 昭和42年(むのイ)260号 決定東京地方裁判所 昭和42年(むのイ)365号 決定東京地方裁判所 昭和42年(むイ)260号 決定東京地方裁判所 昭和42年(モ)7359号 決定東京地方裁判所 昭和42年(行ク)24号 決定東京家庭裁判所 昭和40年(家)12914号 審判東京家庭裁判所 昭和41年(少ハ)20号 決定東京家庭裁判所 昭和42年(家)4908号 審判東京高等裁判所 昭和31年(お)2号 決定東京高等裁判所 昭和36年(ネ)800号 判決東京高等裁判所 昭和37年(行ナ)50号 判決東京高等裁判所 昭和39年(う)1553号 判決東京高等裁判所 昭和39年(う)2137号 判決東京高等裁判所 昭和39年(ネ)416号 判決東京高等裁判所 昭和39年(行ケ)129号 判決東京高等裁判所 昭和40年(う)1145号 判決東京高等裁判所 昭和40年(う)2614号 判決東京高等裁判所 昭和40年(う)872号 判決東京高等裁判所 昭和40年(う)884号 判決東京高等裁判所 昭和40年(ネ)2512号 判決東京高等裁判所 昭和40年(ネ)2550号 判決東京高等裁判所 昭和40年(ネ)2643号 判決東京高等裁判所 昭和41年(う)2100号 判決東京高等裁判所 昭和41年(う)2101号 判決東京高等裁判所 昭和41年(う)2155号 判決東京高等裁判所 昭和41年(ツ)105号 判決東京高等裁判所 昭和41年(ネ)1462号 判決東京高等裁判所 昭和41年(ネ)551号 判決東京高等裁判所 昭和41年(ラ)357号 決定東京高等裁判所 昭和41年(ラ)591号 判決東京高等裁判所 昭和42年(う)632号 判決東京高等裁判所 昭和42年(う)647号 判決東京高等裁判所 昭和42年(ツ)55号 判決東京高等裁判所 昭和42年(ラ)119号 決定東京高等裁判所 昭和42年(ラ)16号 決定東京高等裁判所 昭和42年(ラ)203号 決定水戸地方裁判所 昭和42年(わ)70号 判決津地方裁判所伊勢支部 昭和40年(ワ)102号 判決滝川簡易裁判所 昭和40年(ろ)56号 判決甲府地方裁判所 昭和40年(行ウ)2号 判決盛岡地方裁判所 昭和34年(ワ)16号 判決神戸地方裁判所 昭和42年(む)651号 決定福岡家庭裁判所小倉支部 昭和42年(少)1398号 決定福岡高等裁判所 昭和41年(う)934号 判決福岡高等裁判所 昭和41年(行コ)4号 判決福岡高等裁判所 昭和42年(う)201号 判決福島地方裁判所 昭和42年(わ)59号 判決福島地方裁判所平支部 昭和40年(ワ)239号 判決福島家庭裁判所白河支部 昭和41年(家)1260号 審判福島家庭裁判所郡山支部 昭和42年(少ハ)1号 決定長崎地方裁判所 昭和40年(ワ)484号 判決長野簡易裁判所 昭和40年(ろ)78号 判決青森地方裁判所 昭和39年(行ウ)12号 決定青森地方裁判所 昭和42年(ヲ)120号 決定静岡地方裁判所沼津支部 昭和42年(わ)101号 判決静岡家庭裁判所 昭和42年(少)624号 決定高松高等裁判所 昭和42年(う)32号 判決鳥取地方裁判所米子支部 昭和32年(ワ)61号 判決

「大判例」は20世紀で日本国憲法下の裁判例のうち,公刊物に掲載されたものをまとめたインターネット判例集です。原則として公刊されたものをそのまま載せています。

憲法により判決は公開とされており,法曹および法律研究者に利用されているものです。その公共性と平等主義の観点から,送信防止措置または改変には一切応じませんのでご了承ください。

本サイトは報道(不特定かつ多数の者に対して客観的事実を事実として知らせること)を事業としており,掲載された全ての情報は報道等に活用することを目的としています。

©daihanrei.com