大判例

20世紀の現憲法下の判例を掲載しています

大阪高等裁判所 昭和36年(ラ)185号 決定

抗告人 榊原一郎 外一名

主文

本件抗告を棄却する。

抗告費用は抗告人等の負担とする。

理由

本件抗告の趣旨、理由は別紙の通りであつて、要するに、原審判の本件遺産物件に対する評価は不当であり、また被相続人の出向井寿に対する貸金債権は不存在なるにかかわらず原審判がこれを本件遺産の範囲に包含せしめたのは事実誤認であるとするにつきる。

しかし、原審は調査官の調査の結果、鑑定人小喜多六三郎、佐藤雅彦の各鑑定の結果を総合して本件遺産の範囲、価額を原審判添付別表の通り認定したのであり、右認定は首肯しうべくこれを覆すにたる確証はない。

その他記録を調査するも原審判にはなんら違法な点がないから、本件抗告を棄却し、抗告費用の負担につき民事訴訟法第八九条を適用し、主文の通り決定する。

(裁判長判事 岩口守夫 判事 安部覚 判事 藤原啓一郎)

「大判例」は20世紀で日本国憲法下の裁判例のうち,公刊物に掲載されたものをまとめたインターネット判例集です。原則として公刊されたものをそのまま載せています。

憲法により判決は公開とされており,法曹および法律研究者に利用されているものです。その公共性と平等主義の観点から,送信防止措置または改変には一切応じませんのでご了承ください。

©daihanrei.com