大判例

20世紀の現憲法下の判例を掲載しています

最高裁判所第三小法廷 平成3年(行ツ)57号 判決

上告人

清和電器産業株式会社

右代表者代表取締役

石川文雄

右訴訟代理人弁護士

中町誠

被上告人

中央労働委員会

右代表者会長

萩澤清彦

右補助参加人

全金同盟福島地方金属清和電器労働組合

右代表者執行委員長

野地芳夫

右補助参加人

全国金属産業労働組合同盟福島地方金属

右代表者執行委員長

深野一雄

右当事者間の東京高等裁判所平成二年(行コ)第六〇号不当労働行為救済命令取消請求事件について、同裁判所が平成二年一二月二六日言い渡した判決に対し、上告人から全部破棄を求める旨の上告の申立てがあった。よって、当裁判所は次のとおり判決する。

主文

本件上告を棄却する。

上告費用は上告人の負担とする。

理由

上告代理人中町誠の上告理由について

原審の適法に確定した事実関係の下において、所論の点に関する原審の判断は、正当として是認することができ、原判決に所論の違法はない。所論は、違憲をもいうが、その実質は単なる法令違背を主張するものにすぎず、原判決に法令違背のないことは右に述べたとおりである。論旨は採用することができない。

よって、行政事件訴訟法七条、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。

(裁判長裁判官 坂上壽夫 裁判官 貞家克己 裁判官 園部逸夫 裁判官 佐藤庄市郎 裁判官 可部恒雄)

「大判例」は20世紀で日本国憲法下の裁判例のうち,公刊物に掲載されたものをまとめたインターネット判例集です。原則として公刊されたものをそのまま載せています。

憲法により判決は公開とされており,法曹および法律研究者に利用されているものです。その公共性と平等主義の観点から,送信防止措置または改変には一切応じませんのでご了承ください。

本サイトは報道(不特定かつ多数の者に対して客観的事実を事実として知らせること)を事業としており,掲載された全ての情報は報道等に活用することを目的としています。

©daihanrei.com