大判例

20世紀の現憲法下の判例を掲載しています

最高裁判所第三小法廷 昭和25年(あ)2830号 決定

主文

本件上告を棄却する。

理由

被告人は、昭和二五年七月二四日東京高等裁判所の言い渡した判決に対して同年八月七日電報により又同年九月二日書面により上告の申立をしたものであることは記録により明らかである。刑訴法四一四条三七四条によれば、上告をするには申立書を原裁判所に差し出さなければならないのであって、訴訟手続の明確を期する趣旨から見れば、電報はここにいう書面に該当しないものと解するのを相当とする。従って電報による上告の申立は法令上の方式に違反したものであるし、又その後に提出された上告申立書は、上告権の消滅後にされたものであることが明らかである。よって刑訴法四一四条三八五条一項により主文のとおり決定する。

この決定は、裁判官全員一致の意見によるものである。

(裁判長裁判官 長谷川太一郎 裁判官 井上登 裁判官 島 保 裁判官 河村又介 裁判官 穂積重遠)

「大判例」は20世紀で日本国憲法下の裁判例のうち,公刊物に掲載されたものをまとめたインターネット判例集です。原則として公刊されたものをそのまま載せています。

憲法により判決は公開とされており,法曹および法律研究者に利用されているものです。その公共性と平等主義の観点から,送信防止措置または改変には一切応じませんのでご了承ください。

©daihanrei.com