大判例

20世紀の現憲法下の判例を掲載しています

最高裁判所第三小法廷 昭和33年(あ)2497号 決定

主文

本件上告を棄却する。

理由

弁護人真室光春の上告趣意について。

所論は、原審が弁護人真室光春に控訴趣意書を差し出すべき最終日を通知しなかったことを違法とし、右訴訟法違反のあることを前提として憲法三七条三項、同三二条違反を主張する。しかし、原審において被告人は、弁護人として真室光春、中野博義、猪股喜蔵を選任した上、中野博義を主任弁護人と指定し書面をもってこれを原審に届け出たこと記録上明らかである。されば、原審が他の弁護人を代表する主任弁護人たる中野博義に控訴趣意書提出最終日の通知をした以上、弁護人真室光春に右通知をしなかったとしても、刑訴規則二三六条による弁護人への通知を欠くものではなく、また右規則二三六条にいわゆる控訴申立人には、控訴申立をした第一審弁護人を含まないものと解すべきであるから(昭和二六年(あ)二二一七号同二七年一〇月二三日第一小法廷決定、最高裁判所判例集六巻九号一一一八頁、昭和二八年(あ)三七〇三号同三〇年五月一一日第二小法廷決定、最高裁判所裁判集刑事一〇五号一九七頁参照)、この点についても原審に右規則二三六条違反はない。それゆえ、訴訟法違反を前提とする所論違憲の主張は採るをえない。

被告人上山伸太郎の上告趣意は、事実誤認、訴訟法違反、量刑不当の主張であって、刑訴四〇五条の上告理由に当らない。

また記録を調べても同四一一条を適用すべきものとは認められない。

よって同四一四条、三八六条一項三号により裁判官全員一致の意見で主文のとおり決定する。

(裁判長裁判官 島 保 裁判官 河村又介 裁判官 垂水克己 裁判官 石坂修一)

「大判例」は20世紀で日本国憲法下の裁判例のうち,公刊物に掲載されたものをまとめたインターネット判例集です。原則として公刊されたものをそのまま載せています。

憲法により判決は公開とされており,法曹および法律研究者に利用されているものです。その公共性と平等主義の観点から,送信防止措置または改変には一切応じませんのでご了承ください。

本サイトは報道(不特定かつ多数の者に対して客観的事実を事実として知らせること)を事業としており,掲載された全ての情報は報道等に活用することを目的としています。

©daihanrei.com