大判例

20世紀の現憲法下の判例を掲載しています

最高裁判所第二小法廷 昭和28年(あ)1840号 決定

主文

本件機帆船住吉丸一隻を売却してその代価を保管することを許可する。

理由

(決 定)右の者に対する関税法違反被告事件に関し大蔵事務官浦上清次の押収にかかる機帆船住吉丸一隻(第一審判決において没収言渡)は、滅失の虞があるものと認められるので、検察官の申請により左のとおり決定する。

(裁判長裁判官 栗山茂 裁判官 藤田八郎 裁判官 谷村唯一郎 裁判官 池田克)

「大判例」は20世紀で日本国憲法下の裁判例のうち,公刊物に掲載されたものをまとめたインターネット判例集です。原則として公刊されたものをそのまま載せています。

憲法により判決は公開とされており,法曹および法律研究者に利用されているものです。その公共性と平等主義の観点から,送信防止措置または改変には一切応じませんのでご了承ください。

©daihanrei.com