大判例

20世紀の現憲法下の判例を掲載しています

最高裁判所第二小法廷 昭和41年(オ)271号 判決

上告人 浦井慶次

上告人 浦井妙子

被上告人 森内キヨエ

主文

本件上告を棄却する。

上告費用は上告人らの負担とする。

理由

上告代理人志水熊治の上告理由第一、二点について

論旨は原判決の審理不尽、事実誤認、経験則違背および理由不備をいう。

しかし、原審の事実誤認は、挙示の証拠に照らして是認できなくはなく、その判断の過程において所論の違法はない。所論は、原審が違法に行なった証拠の取捨判断および事実認定を非難するに帰するものであって、いずれも採用できない。〈以下省略〉

(裁判長裁判官 奥野健一 裁判官 草鹿浅之介 裁判官 城戸芳彦 裁判官 石田和外)

上告代理人志水熊治の上告理由〈省略〉

「大判例」は20世紀で日本国憲法下の裁判例のうち,公刊物に掲載されたものをまとめたインターネット判例集です。原則として公刊されたものをそのまま載せています。

憲法により判決は公開とされており,法曹および法律研究者に利用されているものです。その公共性と平等主義の観点から,送信防止措置または改変には一切応じませんのでご了承ください。

本サイトは報道(不特定かつ多数の者に対して客観的事実を事実として知らせること)を事業としており,掲載された全ての情報は報道等に活用することを目的としています。

©daihanrei.com