大判例

20世紀の現憲法下の判例を掲載しています

東京地方裁判所 昭和30年(行モ)5号 決定

申立人 林栄開

相手方 東京入国管理事務所主任審査官

主文

相手方が昭和三十年一月十一日為した退去強制令書の発付にもとずく執行は強制送還の部分に限り停止を命ずる。

本件申立中その余の部分を却下する。

(裁判官 飯山悦治 荒木秀一 鈴木重信)

(目録省略)

「大判例」は20世紀で日本国憲法下の裁判例のうち,公刊物に掲載されたものをまとめたインターネット判例集です。原則として公刊されたものをそのまま載せています。

憲法により判決は公開とされており,法曹および法律研究者に利用されているものです。その公共性と平等主義の観点から,送信防止措置または改変には一切応じませんのでご了承ください。

©daihanrei.com