大判例

20世紀の現憲法下の判例を掲載しています

熊本地方裁判所 昭和29年(行モ)3号 決定

人吉市駒井田町千九五十二番地

申立人

亡古賀満次共同相続人

古賀満夫

同所

同共同相続人

古賀満信

市五日町十八番地

同共同相続人

小山ミツ子

熊本県球磨郡多良木町千四百十七番地の二

同共同相続人

金沢ハルカ

右四名申立代理人弁護士

小野実雄

熊本市花畑町八十二番地

被申立人

熊本国税局長 橋本実春

右当事者間の昭和二十九年(行モ)第三号公売処分執行停止申立事件について当裁判所は次の通り決定する。

主文

本件申立はこれを却下する。

申立費用は申立人等の負担とする。

理由

申立人等代理人は「人吉税務署が昭和二十五年十月二十一日別紙第一号物件目録記載の動産及び不動産並びに熊本国税局が昭和二十六年十月二十日別紙第二号物件目録記載の昭和二十九年二月二十四日別紙第三号物件目録記載の、同年三月十九日別紙第四号物件目録記載の各不動産についてなした差押に基く公売処分の執行は、原告古賀満次、被告熊本国税局長間の熊本地方裁判所昭和二十六年(行)第一九号所得税確定申告更正に対する審査決定変更請求事件の判決確定に至る迄これを停止する。」との裁判を求め、その理由の要旨は「申立人等は昭和二十七年七月十九日死亡した亡古賀満次の共同相続人であるが、人吉税務署長のなした右満次に対する昭和二十四年度所得税確定申告の更正決定に基く所得税の滞納処分として、人吉税務署並に熊本国税局は夫々申立の趣旨記載の如き各動産及び不動産につき差押をなし、右差押に基く公売は同年五月二十一日と定められたが申立人等の交渉により一応同月三十一日迄猶予されたけれども近く実施される運びとなつている。然しながら右滞納処分の基本たる前記所得税更正決定に対しては申立人等の先代亡古賀満次に於て被申立人に審査請求をなし、これが棄却されたので更に昭和二十六年十月二十二日熊本地方裁判所に右審査請求棄却決定の取消訴訟を提起し、右事件は現に同裁判所同年(行)第一九号所得税確定申告更正に対する審査の決定変更請求事件として係属審理中である。従つて若し右事件の本案判決前本件公売が執行されるに於ては右裁判に於て勝訴判決があつても、申立人等は到底償うことのできない損害を蒙るので右損害の発生を避ける為本件申立に及んだ」というのであつて、疏明として差押調書謄本四通、戸籍抄本四通及び相続放棄申述書謄本一通を提出した。

仍て按ずるに本件申立は要するに所得税更正決定に対する審査請求棄却処分の違法を争い右課税処分の滞納処分としてなされる公売の執行停止を求めているのであるが、

申立人主張の如く本案訴訟に於て当該課税処分が違法として取消された場合には当然国に対して既に納付した租税は其が任意に為されたものと、公売の結果為されたものとを問はず之が返還を求め得ることは勿論、損害ある場合はその損害をも併せ請求できる筋合であるから申立人等が本件滞納処分に基く公売によつて蒙る損害は行政事件訴訟特例法第十条第二項に所謂償うことのできない損害に該当しないというべく本件公売の執行停止を求める本件申立は理由がないものとしてこれを却下することとし、申立費用の負担につき民事訴訟法第八十九条を適用して主文の通り決定する。

(裁判長裁判官 浦野憲雄 裁判官 池畑祐治 裁判官 下門祥人)

第一号 物件目録

〈省略〉

第二号 物件目録

球磨郡人吉市字大王壱千五拾六ノ四 壱千五拾六ノ五 壱千五拾六ノ六

家屋番号同町壱百九拾九番

第壱号

木造かわらぶき弐階建住家 壱棟

建坪 参拾五坪 弐階 拾弐坪五合

第弐号

木造かわらぶき平家建住家 壱棟

建坪 弐拾五坪

附属

木造かわらぶき平家建住家 壱棟

建坪 六坪弐合五勺

球磨郡人吉市駒井田町壱百八拾八ノ一 壱百八拾八ノ六

家屋番号八拾壱番

木造かわらぶき居宅 壱棟

建坪 拾六坪六合

球磨郡人吉市駒井田町弐百五拾壱ノ四 弐百五拾弐ノ四

家屋番号拾参番

木造かわらぶき弐階建居宅 壱棟

建坪 弐拾弐坪五合 弐階 九坪五合

附属

亜鉛メツキ鋼板平家建炊事場 壱棟

建坪 弐坪弐合

同所同番

家屋番号同町壱百九拾九番

第壱号

木造かわらぶき弐階建住家 壱棟

一、 家屋

一、木造かわらぶき弐階建居宅 壱棟

一、家屋番号 駒井田町第壱参番

一、所在地 人吉市駒井田町字駒井田弐百五拾壱番の四

同 弐百五拾弐番の四

建坪 弐拾弐坪五合

弐階 九坪五合

附属 木造かわらぶき平屋建炊事場 壱棟

建坪 弐坪弐合

一、 家屋

一、木造かわらぶき平屋建居宅 壱棟

一、家屋番号 駒井田壱四番

一、所在地 人吉市駒井田町字駒井田弐百五拾壱番の四

弐百五拾弐番の四

建坪 拾九坪八合

一、 家屋

一、木造かわらぶき平屋建居宅 壱棟

一、所在地 人吉市駒井田町字駒井田弐百五拾壱番の四

弐百五拾弐番の四

一、家屋番号 同市同町第壱五番

建坪 弐拾弐坪

一、 家屋

一、所在地 人吉市九日町弐拾六番地の壱

木造かわらぶき弐階建居宅 壱棟

建坪 四拾八坪

弐階 四拾八坪

附属 木造かわらぶき弐階建居宅 壱棟

建坪 弐拾四坪

弐階 弐拾四坪

家屋番号 弐拾五番

一、 家屋

木造かわらぶき弐階建居宅 壱棟

建坪 四拾七坪弐合

弐階 拾九坪五

附属 木造かわらぶき平屋居宅 壱棟

建坪 拾五坪

附属 木造かわらぶき平屋炊事場 壱棟

建坪 五坪

所在地 前に同じ

家屋番号 弐拾六番

一、 宅地

人吉市九日町弐拾六の弐 壱百参拾六坪弐合五勺

同 市同 町弐拾六の壱 壱百四拾弐坪七合九勺

建坪 参拾五坪 弐階 拾弐坪五合

第弐号

木造かわらぶき平家建 壱棟

建坪 弐拾五坪

附属

木造かわらぶき平家建住家 壱棟

建坪 六坪弐合五勺

球磨郡人吉市下青井町八拾七番地

家屋番号 参百拾

木造かわらぶき平家建住家 壱棟

建坪 拾四坪

同所同番

家屋番号 参百拾壱

木造かわらぶき平家建住家 壱棟

建坪 拾九坪

同所同番

家屋番号 参百拾弐

木造かわらぶき平家建住家 壱棟

建坪 拾九坪八合

同所同番

家屋番号 参百拾四

木造かわらぶき平家建住家 壱棟

建坪 拾参坪五合

球磨郡人吉市駒井田町壱百八拾八ノ壱番

宅地 拾九坪九合壱勺

以上

第三号 物件目録

球磨郡人吉市駒井田壱千五拾六番

家屋番号 同町壱九九番

一、木造かわらぶき平家建居宅壱棟 建坪 弐七坪壱合

一、木造トタンぶき平家建居宅壱棟 建坪 五坪五合

球磨郡人吉市駒井田壱千五拾六番

家屋番号 弐〇〇番

一、木造かわらぶき弐階建居宅壱棟壱階 建坪 参壱坪参合

壱階以外 建坪 九坪五合

一、木造かわらぶき平家建居宅壱棟 拾参坪七合

球磨郡人吉市駒井田弐弐八番

家屋番号 九参番

一、木造かわらぶき平家建居宅壱棟 建坪 拾七坪五合

一、木造トタンぶき平家建居宅壱棟 建坪 五坪

以上

第四号 物件目録

人吉市駒井田町字駒井田弐百八番の九

一、宅地 弐拾七坪参合弐勺

人吉市駒井田町字駒井田弐百八番の拾壱

一、宅地 八坪

人吉市駒井田町字駒井田弐百四拾八番の弐

一、宅地 壱坪弐合四勺

人吉市駒井田町字大王壱千六拾四番の弐

一、宅地 八坪四合

人吉市瓦屋町字後田弐千参百弐拾五番地

一、田 壱反五歩

人吉市北泉田町参百弐拾番地

家屋番号 同町百九拾五番

一、木造かわらぶき平家建居宅 拾七坪

人吉市鍛治屋町六拾四番地

家屋番号 同町百六拾壱番

一、木造かわらぶき弐階建居宅壱棟 建坪 九坪五合

外弐階 六坪五合

一、木造トタンぶき平家建工場壱棟 建坪 拾参坪

以上

「大判例」は20世紀で日本国憲法下の裁判例のうち,公刊物に掲載されたものをまとめたインターネット判例集です。原則として公刊されたものをそのまま載せています。

憲法により判決は公開とされており,法曹および法律研究者に利用されているものです。その公共性と平等主義の観点から,送信防止措置または改変には一切応じませんのでご了承ください。

©daihanrei.com